My Storage

内観の記録。その他。

スティーブ・ジョブズの「最後の言葉」

私が最近好きで、定期的に読み返している言葉があります。

 

それが、スティーブ・ジョブズの「最後の言葉」です。

 

以下、全文紹介します。

 

 

「最後の言葉」

 

私はビジネスの世界で、成功の頂点に君臨した。
   
他の人の目には、私の人生は成功の典型的な縮図に見えるだろう。
    
しかし仕事を除くと、喜びが少ない人生だった。


人生の終わりには富など、私が積み上げてきた人生の単なる事実でしかない。
   

病気でベッドに寝ていると、人生が走馬灯のように思い出される。
  
私がずっとプライドを持っていたこと、認められることや富は、迫る死を目の前にして色褪せていき、何も意味をなさなくなっている。

  
この暗闇の中で、生命維持装置のグリーンのライトが点滅するのを見つめ、機械的な音が耳に聞こえてくる。
   
神の息を感じる。

死がだんだんと近づいている。
   
   
今やっと理解したことがある。
   
人生において十分にやっていけるだけの富を積み上げた後は、富とは関係のない他のことを追い求めた方が良い。
   
もっと大切な何か他のこと。
    
 
それは人間関係や芸術や、または若い頃からの夢かもしれない。
   
終わりを知らない富の追求は、人を歪ませてしまう。

私のようにね。
  
   
神は誰もの心の中に、富みによってもたらされた幻想ではなく、愛を感じさせるための感覚というものを与えてくださった。
  
私が勝ち得た富は、私が死ぬ時に一緒に持っていけるものではない。
   

私が持っていける物は、愛情にあふれた思い出だけだ。

これこそが本当の豊かさであり、あなたとずっと一緒にいてくれるもの、あなたに力を与えてくれるものあなたの道を照らしてくれるものだ。
    


愛とは、何千マイルも超えて旅をする。


人生には限界はない。
  
行きたいところに行きなさい。   
望むところまで高峰を登りなさい。
  
全てはあなたの心の中にある、全てはあなたの手の中にあるのだから。
   
    
世の中で、一番犠牲を払うことになるベッドは、何か知っているかい? 

 

病床だよ。
    
あなたのために、ドライバーを誰か雇うことも出来る。


お金を作ってもらうことも出来る。


だけど、あなたの代わりに病気になってくれる人は見つけることは出来ない。
  
   
物質的な物はなくなっても、また見つけられる。
   
しかし一つだけ、なくなってしまっては、再度見つけられない物がある。
   
人生だよ。命だよ。
  
  
手術室に入る時、その病人は、まだ読み終えてない本が1冊あったことに気付くんだ。
   
「健康な生活を送る本」
  
あなたの人生がどのようなステージにあったとしても、誰もがいつか、人生の幕を閉じる日がやってくる。
   

あなたの家族のために愛情を大切にしてください。


あなたのパートナーのために、あなたの友人のために。
  
  
そして自分を丁寧に扱ってあげてください。


他の人を大切にしてください。
   


【追伸】

 

ティムクックに送った言葉が、「スティーブならどうするだろう?」と考えるな!!

 

 

※これ、心の底から響きませんか。

 

私はこの言葉を読む時、「成功」や「富」の部分を「孤独」や「諦め」など、自分に関連する言葉に置き換えて読んでいます。

 

君は幸せになるために生まれてきたんだから、親に人格壊されたくらいで人生諦めるな!と言われているような気がするのです。

 

 

そして最後の追伸のティムクックに送った言葉。

 

これがまさに自己決定感ですよね。

 

自分の人生は自分で決めろ。

自分の人生の責任は自分で取れ。

 

もうこれに尽きます。

 

 

思い出だけは、死ぬ直前に即席で作ることが出来ない。

 

長い人生をかけて、色々な人と関わり合いながら、作っていくものです。

 

 

全てを諦めて暮らしていて、死ぬ直前に気付いたらもう遅い。

 

死んだら無だよ。

ただ灰になるだけだよ。

 

別にどうでもいいよ。

 

 

昔の私なら、そう思っていたかもしれません。

 

でも今は、そんな人生は絶対に嫌だ。

 

私はスキゾイドを乗り越える。

 

親に人生詰まれたまま、死ぬわけにはいかない。

 

 

最後に。

 

人が死ぬ時に最後、何を思うのかを調査したデータがあります。

 

その中で死に向かっている人が、最も多く答えた回答が以下の4つです。

 

・痛みも苦しみもなく安らかに死んでいきたい

・今まで自分がしてきた悪事をすべて償いたい

・最後は誰かに傍にいて欲しい

・自分の話(人生の思い出)を誰かに聞いて欲しい

 

さすがにこの4つは、今の私にはまだハードルが高く、とても出来そうにありません。

 

別に死ぬ時に痛みがあってもいいし、そもそも人とあんまり関わってないから、悪い事もしてないし、誰かに傍にいて欲しいなんて思ったこともないし、話を聞いて欲しいなんて思ったこともない。

 

むしろ死ぬ時は、誰にも見られずに一人で孤独死したいという願望はあります。(野良猫みたいに。笑)

 

 

42年間も大切に持ち続けたスキゾイドが、たった1年で手放せるとは思わないので、これからも気長にコツコツやります。

 

最後に絶対に後悔しないように。

生活への支障その1

地元のガス屋から、ガス漏れ点検の案内が来ていた。

 

こういうのが最も苦手だ。

家に人が来るのが何より嫌い。

 

私は一人暮らしなので、自分で対応しなければいけない。

 

 

「ガス設備定期保安点検」とは、ガスが安全に使用できるかどうかを確認するだけであり、所要時間は20分程度。

 

とはいえ、この20分が死ぬほど苦痛だ。

 

 

そこで私はある行動を取った。

 

ブッチだ。

ブッチとは、一方的に約束を破ったり連絡を絶つこと。

 

反故だ。

 

 

3月4日の14時頃伺います!というガス屋からの連絡に「わかりました」と答えた。

 

しかし、これに対応するのが死ぬほど嫌で、今すぐこの世界から消えたくなる。

 

 

嫌だ嫌だ嫌だ。。。

 

そう思っているうちに私はやってしまった。

 

ブッチだ。

つまり無視。

 

 

家にガス屋が時間通りに来たが、居留守を使った。

 

家の中で物音を一切立てないようにして、息をひそめて、ガス屋が諦めて帰るのをずっと待っていた。

 

しばらくして、ガス屋は帰った。

 

 

やった!!

 

もう二度と来なくていいよと思ったが、またしばらくすると電話がかかってくる。

 

「先ほどお伺いしましたが、留守だったようなので・・・。」

 

 

いや、家にいたよ。

でも、出れないんだよ。

 

どうしても玄関を開けることが出来ないんだ。

 

 

そうして何度も約束をしては居留守を使い、何度も反故を繰り返した結果、ようやく昨日ガスの点検を受けることが出来た。

 

スキゾイドちゃんは、こういう日常の対応すらまともに出来ない。

 

実は生活の大半で、大きく支障が出て非常に困っている。

 

一人暮らしを始めてから25年、もうずっとこの状態だ。

 

 

しかし、そんな姿は表面には一切出さない。

 

よくこんなんで、42年間も生きてきたなと思います。

 

こういうのは本当はみっともないから書きたくなかったのですが、思い切って書くことにしました。

 

 

そして当然ですが、引っ越しとか家電を新しく買った時の自宅での対応とか、エアコンの取り付けとか、そういうのも全部無理です。

 

だから、私のようなパーソナリティ障害は、業者さん泣かせですね。

 

 

約束して家にいるのに居留守を使われて、ようやく対応して帰る時には、業者さんに対してさっさと帰ってくれ!みたいな(本当に塩をまくかの勢いで)追い払うので。

 

当然、業者さんが帰った後はぐったりして、しばらく放心状態です。

 

 

それくらい疲れるんです。

 

スキゾイドのせいで、日常生活に支障が出まくりですが、その辺りは少しずつ書ける範囲で今後も書いていこうかなと思います。

シゾイド人格障害の解説

最近見た動画の中で、わりとまともに解説されてるな~と思った動画があったので紹介します。

 

www.youtube.com

 

この方は歌を教えている心理士さんのようですね。

 

よく勉強されているのか、他のスキゾイド関連の動画に比べると、圧倒的に共感できます。

 

 

この先生も、スキゾイドを治療するとしたら、認知行動療法しかないとおっしゃっていますが、私もそれで7割くらい回復しました。

 

一番最初に病院で認知行動療法をやった時は22歳でしたけど、その時は「こんな事で治ったら苦労しないよ!」と、鼻で笑っていました。

 

 

認知行動療法をくだらないと思っていたし、こんな事で本当に治った人がいるなら、目の前に連れてこい!くらいの勢いだったと思います。

 

でも、それから時を経て、私は認知行動療法で改善しました。

 

 

人間いつどうなるかわかりません。

 

認知行動療法は徹底的に自分と向き合う療法ですから、本当に治したいと思っていない人には何の効果もありません。

 

本気で変わりたい、真剣にパーソナリティ障害を克服したいと強く願った者にのみ、強力に作用します。

さすがにヤバいなと思いました

ブログを始めて一年以上経過しました。

 

その間、私はただひたすら自分の記録を書くことだけに集中していました。

 

元々、他の方とのコミュニケーションが好きではありませんし、他人に一切興味がありませんから、自分以外のスキゾイドちゃんが、どんな事を考えているかも、全く興味がありませんでした。

 

 

とにかく、自分以外は全てどうでも良かったのです。

 

でも、この数ヶ月で私の気持ちは大きく変わりました。

 

スキゾイドちゃん、ヤバくない?」

 

この気持ちが日に日に大きくなっていったのです。

 

 

きっかけは、ブログに頂く個別メッセージでした。

 

このはてなブログでは、コメントや問い合わせなどは一切受け付けていませんが、以前運営していたアメブロでは、よくメッセージを頂いていました。

 

アメブロには標準機能でメッセージのやり取りが出来る機能がついていまして、それを使ってブログの運営者とメッセージの交換が出来るのです。

 

 

そこから、何人ものスキゾイドちゃんからメッセージを頂きました。

 

ビックリしました。

 

スキゾイドちゃんって、SNSも利用しない、ネットもあまり見ない、ましてや他人のブログなんて興味すらない、そういう特徴があるからです。

 

 

何でわざわざ私のブログを見つけて、メッセージまで・・・。

そう思いました。

 

アメブロで運営者にメッセージを送るためには、アメーバのアカウントが必須で、新規でアメーバのアカウントを作らなければメッセージが送れないわけです。

 

 

ということは、わざわざアカウントを作ってまで、私にメッセージをして下さっている。

 

これが衝撃でした。

 

一人が大好きなスキゾイドちゃんなら、わざわざそんな事をするはずがないからです。

 

 

しかし、メッセージの内容を見て、すぐにその理由がわかりました。

 

私にメッセージを頂いた方はほぼ全員、病院に行ったら間違いなく、スキゾイドパーソナリティ障害(または他の精神疾患)と診断されるだろうなというレベルの人ばかりでした。

 

つまり緊急性が高かったのです。

 

 

軽い相談など一件もなく、そこにはスキゾイドちゃんの本音、心の叫びが記されていました。

 

中には、自分が育った家庭環境や親への恨みを、1万文字を超える長文で送ってくれた人もいます。

 

 

とにかく苦しい。

助けて欲しい。

 

もうどうしていいかわからない。

 

明らかに心身に異常が出ていて、ほぼ引きこもりの状態になっており、なおかつ社会との接点がほとんど切れてしまっている。

 

 

そんな方ばかりでした。

 

しかも、スキゾイド患者はだいたい全体の4%くらいと言われていますが、その4%しかいない希少な人たちが、こんな私のような弱小ブログに集まってくること自体が衝撃でした。

 

 

スキゾイドの情報が欲しいだけなら、もっとちゃんとしたブログやサイトは他にあります。

 

しかし、彼らが欲していたのは、当事者のリアルな声だったのだと思います。

 

そして私が本音で書いているブログを見て、何かを感じてもらったのだと思います。

 

 

スキゾイドには、パーソナリティ障害まではいっていないけど、スキゾイド気質で生きづらさを感じている人も一定数います。

 

症状の軽い、重いが人によってバラつきがあります。

 

 

ただ、私のところに集まってきた方々は、本当に今すぐ治療が必要であり、このままだと死んでしまうのではないかという危機感すらありました。

 

実際、文章の中に死にたいという言葉が書かれていたり、今すぐ世界が終わればいいなんて、発言をする人もいました。

 

もちろん、今すぐに病院に行くことを伝えましたが、本気でやばいなと思ったのが本音なのです。

 

 

 

社会との接点を断ち、超俗的な生き方をして、一人でいることを自ら好んでいるように見えるけれど、実際にはそうせざるを得ない理由があるからそうしているだけで、実は本人はとても苦しんでいるのです。

 

ただ、病院に行ったところで、医者ともまともにコミュニケーションがとれない、カウンセリングも難しい、認知行動療法も感情が出せない患者には難しい。

 

 

もう、問題だらけなのです。

 

私は正直、他人に興味がありませんから、例え同じスキゾイドちゃんであっても、気持ちは分かるけれど、寄りかかってくるのは鬱陶しいから、自分の問題は自分でなんとかしてくれ、というスタンスでずっといました。

 

(そういう理由から、今は個別メッセージのやり取りはもうしていません。)

 

 

他人の悩みや人生を背負う、または共有することは、スキゾイドちゃんにとって、最も苦痛で避けたいことだからです。

 

ましてや当事者研究会なんて出来るはずがありません。

 

たとえ同じスキゾイドちゃんであっても、私に関わってくれるな!が本音ですから、スキゾイドが持つ他人を拒否する態度というのは、それはもう本当に頑ななのです。

 

 

でも、そんな事は言ってられないのではないか。

今はそう思い始めています。

 

(それは私自身がだいぶ回復しているからというのも大きいと思います)

 

私は医者ではないので、医療的な話をすることは出来ません。(というかわかりません)

 

でも当事者として、情報を提供することや自分がやってきた事をシェアすることは出来る。

 

今はそう思っています。

 

 

一番の問題は、スキゾイドちゃんに関する情報が少なすぎる。

 

これに尽きます。

 

これがとにかく問題であると思ったのです。

 

 

実際、私のアメブロは医療従事者やカウンセラー、臨床心理士さんなどから、多くフォローされていました。

 

たぶん、事例が欲しかったのでしょう。

 

スキゾイドが実際に何を考えてるのか知りたいということなのだと思います。

 

 

そもそも私がブログを始めたきっかけは全く別の理由で、元々はスキゾイドとは全く違う情報発信をするつもりでした。

 

でもいつの間にか、スキゾイド関連の記事を書くことが多くなり、「スキゾイド」のハッシュタグで人が集まることが増えました。

 

こういう状況を冷静に考えた時に、自分が出来ること(役割)とは何なのか。

 

 

それはもう、当事者として情報を提供することと自分がやってきた事をシェアすることに尽きるのではないかと思いました。

 

 

正直今までは、表向きの自分で文章を書いていました。

 

誰が見てるかわからないから、自分が変な人だと思われないように、調整していた部分が多くあります。

 

しかし今後は、心の奥のドロドロした本音も全部書いていこうと思っています。

 

死ねとか消えろとか書くかもしれません。

 

 

スキゾイドちゃんには、統合失調症的な結構やばい精神状態があります。(幻覚や幻聴はありません)

 

例えば私は、3.11の東日本大震災の時、この震災が自分の街で起きれば良かった、さっさとこの震災で死にたかった、何なら日本丸ごと全部津波に飲まれて列島ごと消えれば良かったと思っていました。

 

被災した人をかわいそうだと思ったことはありません。

 

家族が津波で死んだ、家が流された、ずっと避難所生活で辛い。

 

ああ、そう。

別にどうでもいいわ。

 

知らんわ。

という感じです。

 

そこに何の感情もありません。

 

サイコパスと違うのは、スキゾイドの場合は感情を感じるのがしんどいから、抑圧して抑えているだけです。実際に感情はあります。意図的に感じないようにしているというのが正しいです。)

 

 

正直コロナの時には、ついに天国が来た。

 

ソーシャルディスタンス最高、このままずっと隔離されて、緊急事態宣言が続いて、国が閉鎖されて、みんなが関わらない社会になればいいなと思っていました。

 

ついにスキゾイドの時代が来たぞ!くらいに思っていました。

 

 

こんなふうに、スキゾイドちゃんは結構、残酷な一面も持っています。

(正確には一部、分離または乖離していて二面性があります。)

 

考えているのは常に自分の快適性だけです。

 

自分を守るためなら、残酷であろうが手段は選びません。

 

 

そして、そうした自分の苦しい人生のゲームは、一刻も早く終わりにしたいと思っています。

 

なぜなら、常に嫌なことから逃げ、一人でじっと耐えるだけの人生だからです。

 

そしてこの苦痛さえも、他人にわかってたまるか!と思っています。

 

 

こんなリアルな当事者の声が聞けるブログは他にないと思います。

 

唯一、Youtubeで顔出しで動画を出してくれている方がいましたが、その方も近々活動をやめてしまうそうです。

 

 

なぜなら叩かれるからだそうです。

 

基本的に心の問題について情報発信をしていたら、他者から叩かれることは避けられません。

 

私も嫌がらせのメッセージは何度も、もらっています。

 

 

とにかく長くなりましたが、今回言いたかったことは、これからもっと今まで以上に本音で記事を書くということを決めたということです。

 

身も蓋もないことを平気で書きますので、流れ弾に当たりたくない人は、読まないようにしてください。

 

 

そしてその先にもし、今苦しんでいるスキゾイドちゃんが、病院に行くきっかけ、家族に心を開くきっかけ、自分で自分を立て直すきっかけを掴んでくれたら、それはそれで良いことだなと思います。

 

このブログは、スキゾイドについて知るブログではなく、スキゾイドを克服しようとしている人のブログですから、スキゾイドをどうにか治したい人にとっては、何か一つくらいは得るものがあるかもしれません。

 

 

ということで、非常に長くなりましたが、この辺で終わりたいと思います。

 

 

【追記】

 

自分の言いたいことをこんなに長々と書かないと伝えられない。

 

完結にまとめることが出来ない。

これもスキゾイドちゃんの特徴だと思ってください。

 

それくらい、自己開示に強い恐怖心があります。

 

 

スキゾイドちゃんは、自己開示がとても苦手で、自分のことを話すのに慣れていないので、文章を完結にまとめることが出来ません。(話す時も同じ状態になります)

 

それは今まで、自分のことを他者に一切話してこなかったからです。

 

 

それはブログであっても同じで、今私は人生で初めて「自分のことを書く」ということにチャレンジしています。

 

そのため、まとまりがなく無駄に話が長いのはご容赦ください。

 

 

また、以前アメブロで書いていた記事はすべて、はてなブログに移行予定です。

 

徐々に移していきますので、気長にお待ち下さい。

2つの魔法の言葉

スキゾイドアダルトチルドレンを克服するにあたり、極めて重要となった言葉があるので、記録として残しておきます。

 

「私は幸せになってもいい」

「私は楽しんでいい」

 

この2つの言葉を事あるごとに呟きます。

 

それこそ、何か行動する度にです。

 

 

スキゾイドアダルトチルドレンの多くは、

 

・私は幸せになってはいけない

・私は楽しんではいけない

 

という思い込みを持っている人が多いです。

 

 

この2つの思い込みを外さない限り、永遠に自分を苦しい場所に置き続けます。

 

この言葉を呟いたところで、思い込みが外れるわけではありません。

 

 

しかし、頑なに閉ざしている幸せへの扉が、少しずつ開き始めます。

 

抑圧している心の入り口が、ちょっとずつ緩んでくるのです。

 

 

結果、心の問題に取り組みやすくなります。

 

心の傷を取り除くのに、簡単でラクで即効性のある方法はありません。

 

背負ってしまった傷と同じ量だけ、回復の期間が必要です。

 

 

「私は幸せになってもいい」

「私は楽しんでいい」

 

この2つの言葉が言えない、または口に出した時に大きな抵抗を感じる人は、特に熱心にやってください。

 

もし、どうしても言えないなら、なぜ言えないのかを真剣に考えてください。

 

 

そこに、自分をスキゾイドまたはアダルトチルドレンにさせている非常に重要な答えが隠れています。

 

これを3ヶ月も続ければ、現状が少しずつ変わり始めます。

 

 

やりたい人だけやってください。

 

そもそも、この2つの思い込みがない人は、やらなくて結構です。

(言うまでもありませんね。笑)