My Storage

内観の記録。その他。

スキゾイドパーソナリティ障害とは

スキゾイドパーソナリティ障害とは、シゾイドパーソナリティ障害とも呼ばれる人格障害の一つで、

 

Wikipediaによると、「社会的関係への関心の薄さ、感情の平板化、孤独を選ぶ傾向を特徴とする人格障害」と定義されています。

 

DSM-IV-TRでは次の診断基準の内、少なくとも4つ以上を満たすことで診断されるようです。

・家族を含めて、親密な関係を持ちたいとは思わない。あるいはそれを楽しく感じない
・一貫して孤立した行動を好む
・異性と性体験を持つことに対する興味が、もしあったとしても少ししかない
・喜びを感じられるような活動が、もしあったとしても、少ししかない
・第一度親族以外には、親しい友人、信頼できる友人がいない
・賞賛にも批判に対しても無関心に見える
・情緒的な冷たさ、超然とした態度あるいは平板な感情

 

スキゾイドパーソナリティ障害とは

Wikipediaより引用)

 

平たくいえば、何事にも興味関心がなく、深い人間関係を構築するのが苦手で、

 

どこに行っても常に孤立し、喜怒哀楽といった感情が極めて薄い特徴を持った人のことを指します。

 

スキゾイドを発症する原因は主に、幼少期に親から否定され続ける、もしくは過干渉であることが言われていますが、

 

特にそういった体験がなくても発症するケースもあり、

 

生まれ持った性質や発達のアンバランスさ、虐待、いじめ、社会生活でのトラウマなど、様々な影響があると言われています。

 

スキゾイドは、HSP(繊細さん)やアスペルガーと見分けがつきにくく、判断が難しい一面もあるようです。

 

スキゾイドはとにかく孤独を好むので、放っておけば周りに危害を与えることは一切なく、

 

また本人が特に社会生活で困っていなければ、治療の必要もないとされています。

 

「ひとり」「孤独」を好むがゆえに、「究極のぼっち」と呼ばれることもあるようです。