My Storage

内観の記録。その他。

性格は個性である

スキゾイドで一つ思い出した話を。

 

私がまだ20代で会社勤めをしていた頃、女性先輩社員から、執拗にストーカーされていた時期がありました。

 

その先輩は仮にKさんとしますが、Kさんは私と正反対の明るく社交的な性格で、

 

毎朝会社のロッカーで会うと、超ハイテンションな声で「おっはよ~!」と絡んできます。

 

苦手なんだよな、こういうの。
てか、朝からテンション高けぇよ(笑)


私は静かに蚊の鳴くような声で、「おはようございます」と答える。

 

同じ部署で、仕事の時はだいたい一緒だったので、顔を合わせる機会は多かったのですが、やたら絡んでくるなぁと気付いたのは、それから数ヶ月後。

 

 


頻繁に食事に誘われるようになり、プライベートでも遊びの誘いが格段に増えました。

 

先輩だし職場の人間関係もあるし、断ったら気まずそうだし。

 

何より、Kさんはとても良い人だったので、特に断る理由もなく、よほど用事がない限りは対応していました。


すると、その要求はどんどんエスカレートし、泊りで他県のイベントに誘われるようになったり、温泉行こうよとか、かなり距離が近くなってきました。

 


そしてある日、事件は起きます。

 

どうしても泊りで温泉に行きたいと懇願されたので、断りきれなくて一緒に行きました。

 

お風呂の中での距離が異常に近い。
密着してくる。

 

てか、ジロジロ見てくる(;'∀')

 

いったい何?と思っていると、部屋に戻って突然告白をされました。


彼女は、明るくて社交的な性格でしたが、それゆえお調子者で口が軽く、


その場を盛り上げるために、つい話を盛ってしまったり、調子に乗って喋りすぎて、家に帰ってから、毎日激しく落ち込むということでした。

 

今日もまた余計なことを言ってしまった。

 

そうして、しばらく浮上できないくらい自分を責めるらしいのです。

 

(実際、彼女が職場で盛大にスベる姿を何度も見ています。笑)

 

 


なので、私のように何事にも動じず、淡々と生きている姿にとても憧れるし、自分もそうなりたいというのです。

 

必要なこと以外は一切喋らず、でも何かを語る時はちゃんと確固たる意志があり、


いつも飄々としていて、自分と真逆の私に、大きな魅力を感じてくれたらしいのです。

 


それはそれで非常に有難いし、嬉しいことではあるのだけど、こちらはこちらで色々大変だし、好きでこの性格をやっているわけではないし。

 

何より、好きとか言われても本当に困るんですよね。

 

申し訳ないけど、女性には1ミクロンも興味がない(^_^;)

 


あの時、出来るだけ近くにいたいとか、私の生き方を模写したいと言われて、随分困ってしまったのだけど、

 

彼女が真剣に懇願する姿を見て、そちら側の性格も結構大変なのだなと思いました。

 

結局、人はどの立ち位置にいても、悩みや苦労はあるんだなと。

 


それを知ったら、なんか自分はこっち側の人間でいいやと素直に思えて、妙に心が軽くなったのを覚えています。

 

社会って、社交的で明るくて積極的で元気な人が得だ、みたいな風潮あるじゃないですか。

 

あれ、意外とそうでもないんだなと。

 


その後も、お互いの家を行き来したり、謎の長時間ドライブをしたり、数年間、K先輩とは結構濃い付き合いをしたけれど、

 

結局、距離が近すぎて、私の方が疲れてしまったのでした。

 

(念のため言っておきますが、おっさんずラブの女子バージョンではないです。笑)


たぶん先輩は、お調子者の性格が本当にしんどくて、何とかして自分を変えたいと思っていたのだろうと思います。

 

それがちょっと歪んだ愛の形になり、私に異常なほど接近してきたのだけど、憧れが行き過ぎたゆえのストーカーというか。

 

究極のないものねだりだったのではないかと今は思います。

 

(てか、スキゾイドもだいぶ辛いぞ。そもそも、まともにコミュニケーション取れないんだから。笑)


私も昔は、社交的な性格に憧れたし、色々な努力もしましたが、

 

その結果、社交性がある方がむしろ、生きるのがより大変な気がしたので、自分はこのままでいいやと思うに至りました。


言葉は少ない方がいい。
口は災いの元。的な。

 


人の輪からは、なるべく外れている方がいい。


だってその方が、世間がよく見えるから。的な。


たとえ買い被りと言われても、私はそれがスキゾイドちゃんの魅力だと思っています。