My Storage

内観の記録。その他。

SPDの趣味その2

昨日に続き、趣味の話をしたいと思います。

 

【趣味その2】

 

私は無類の「ゆるキャラ」「ご当地キャラ」好き。

 

キャラさんといえば、平和の象徴で、見ているだけでも本当に癒されます。

 

特に毎年、埼玉県羽生市で行われている「世界キャラクターさみっと」は、約400体のマスコットキャラクターが集まるので、本当に圧巻です。

 

ステージ上でキャラさんが勢ぞろいして、並んでいる姿を見ると、心の底から平和を感じて、幸せな気分になります。

 

 

そして、私が何でキャラさんが好きかというと、一番の理由は「喋れない」から。

 

基本的に、キャラさんは言葉を発することが出来ないので、アテンドさんに助けてもらわないと、自分で移動することも出来ないのです。

 

それが、不器用な自分と重なって、何だかキュンとするのです。

 

イベントに行っても、喋らなくていい。

 

 

そもそもキャラさんとは会話が成立しないので、こちらも黙っていればよく、握手したり、写真を撮るだけで満足できます。

 

しかも、人間と違って絶対にこちらに危害を与えてこないので、安心感が100%なのです。

 

(まさにコミュ障の私にピッタリ。笑)

 

 

そして、キャラさんとアテンドさんの関係性を見て、自分で出来ないことは、遠慮なく助けてもらえばいいんだな、ということもキャラさんから学んだ気がします。

 

段差ひとつ自分で上れないから、遠慮なく手を借りる。

 

人間同士もこれが自然に出来たら、生きるのがだいぶラクになる気がします。

 

 

今やキャラさんは、数えきれないくらいいますが、その中でも、私が特に応援しているのが、ふなっしー

 

千葉県船橋市の非公認キャラクターで、設定は梨の妖精です。

 

元々は、全く喋らないキャラでしたが、途中から必要に迫られて喋るようになり、今のスタイルが定着しました。

 

 

ふなっしーの魅力は、

 

・頭が良くトークが面白い

・優しくて穏やか

・絶対に人の悪口を言わない

・いつも全力で一生懸命

・人が良すぎて頼まれたら断れない

・「邪」が一切ない(まさに妖精さんにピッタリの性格)

・思考の偏りがなく常にオープンマインド

 

他にもまだまだありますが、とにかく、ふなっしーの発する波動はとても温かく穏やかで、周りにいる人を一瞬で幸せにしてしまうのです。

 

 

元々、ふなっしーは非常に思慮深く、内向的で単独行動が好きなキャラさんです。

 

(キャラっていうか、正確には中の人・・・だけど)

 

でも、頻繁にテレビに出るようになり、自分の存在が誰かに元気を与えるならと、

 

やりたくない仕事も全部引き受け、過酷な海外ロケで、死にかけるような危ない目にも遭ったり、随分と色々なことにチャレンジしてきました。

 

 

人が良すぎるあまり依頼を断れず、求められてるなら、やらなきゃいけない。

 

 

そんなふうにして、身も心もボロボロになってしまい、結果とんでもない暴挙に出ます。

 

テレビ局からの着信はすべて拒否(笑)

 

テレビ局のプロデューサーさんからの電話は、すべて無視して徹底的に出ないという、

 

ふなっしーらしい回避方法でテレビの仕事を断るようになり、今は自分の動画チャンネルを作り、

 

「我々は無理をしない」というスローガンを掲げて、ゆるーく活動しています。

 

 

ふなっしーがイベントで必ず言う言葉があります。

 

「人生は思い出作りなっしー。人は楽しい思い出がたくさんあったら、それだけで生きていけるなっしー。」

 

ふなっしーに限らず、キャラさんって一切手を抜かないんです。

 

子供相手の商売ですから、手抜きしていい加減な対応をしたら、子供に全部バレるんです。

 

 

くまモンなんて、夏の炎天下で気温35度の中、「くまもとサプライズ!」を全力で踊るのですが、本当に一切手抜きなしなんです。

 

見てるこちらがヒヤヒヤするんですよ。

 

中の人、熱中症で倒れるんじゃないかって(^_^;)

 

 

喋れないキャラさんから学ぶことは無限にあります。

 

ふなっしーは喋るキャラだから、お喋りで色々楽しませてくれるけど、人って結局会話が全てではないということ。

 

喋れなくても思いは伝わる。

 

あと、絶対に無理はしちゃいけない(笑)

 

キャラさんの活動限界時間はMAX15分くらいですが、私も人と対峙する時のエネルギー量はたぶんそれくらい。

 

 

なので、スキゾイドの私には、共感するポイントがとても多いのです。

 

普通に考えて、着ぐるみのバイトって、とても過酷な仕事です。

 

ふなっしー曰く「ガテン系」らしい。笑)

 

でも、目の前のお客さんを楽しませるために、全力でパフォーマンスする。

 

 

ディズニーもそうですが、彼らはプロです。

学ぶことが本当にたくさんあります。

 

 

正直、キャラクターの世界を知るまでは、「着ぐるみのバイトなんかやって何が楽しいのかな」と思っていましたが、


目の前のお客さんを楽しませるために命を張って、全力で活動しているキャラさん達を見て、今は尊敬しかありません。

 

言葉はなくても、何か別の姿になっていたとしても、「自分」を表現する方法はある。

 

非常に面白い世界だなと思います。

 

 

そんなわけで思いの外、長く書いてしまいましたが、SPDの趣味2つ目は「ゆるキャラ」「ご当地キャラ」でした。