My Storage

内観の記録。その他。

SPDの趣味その3

SPDの趣味シリーズ第3弾です。

 

【趣味その3】

 

3つ目の趣味は競馬です。

 

と言っても、基本的にお金は賭けないので、レースは見るだけです。

 

昔は馬券を買っていた時期もありましたが、競馬で儲けようとは思っていないので、今は馬券は買わなくなりました。

 

ボート(競艇)も少しだけやりますけどね。

それも遊びです。

 

 

私の仕事(本業)はトレーダーですが、基本的にお金でお金を増やすマネーゲームが大好きです。

 

通常の投資に限らず、怪しいハイプ案件や、暗号通貨なんかもバンバン手を出します(笑)

 

それはともかく、何で競馬が好きなのか。

 

一言でいえば、「あっという間に終わるから」です。

 

 

競馬って、だいたい1レース2分くらいです。

(もちろんレースによって長距離もある)

 

ちなみに私は中央競馬しか見ませんので、レースは土日だけですが、

 

週に2回、たった2分強のレースで、人生の機微に触れられるのは、きっと競馬くらいでしょう。

 

 

競馬というのは、スターターのおじさんが赤旗を振って、

 

自衛隊のファンファーレが鳴って、お馬さんたちがゲートインして。

 

観客の歓声が「わー!」っとなる辺りがもうピーク。

 

 

道中、様々あれど全速力で走らされて、最後の直線でムチ入れられる人生なんて、2分が限界。

 

あのサッパリ感っていうか、コンパクトな感じが自分の人生とリンクするんですよね。

 

 

私のテンションも持って5分だから、わずか2分で物語が完結するシンプルさが、きっと心地良いのだと思います。

 

もちろん追い切りとか、レースに向けての準備期間は別ですよ。

 

あくまでも本番だけの話です。

 

 

まさに人馬一体。

 

馬も鞍上も常に命がけですから、そこから学ぶことは多々あります。

 

一歩間違ったら、事故って死にますからね。

 

そのギリギリのところで勝負している感じが、何ともたまらないのです。

 

 

パッと始まって、パッと終わる。

これが最高。

 

スキゾイドに持久力なんてありません。

 

サッカーとか野球とかバレーとか、長すぎてとても見ていられません。

 

年末の有馬記念は、一番テンションが上がる最高の祭りですね(笑)

 

 

ちなみに、私はファンタジストという馬が好きで、ずっと応援していましたが、

 

一昨年の11月24日に、レース中の事故で天国へ行ってしまいました( ;∀;)

 

 

パドックで初めて見た時に、なんてかわいい馬なんだろうって一目惚れして、それ以来ずっと応援していたんですけどね。

 

レース中に心臓発作を起こして、急性心不全であっけなく死んでしまいました。

 

 

前足から崩れ落ち、苦しくてもがきながらも、再び立ち上がって、

 

またゴールまで走ろうとしていたあの雄姿は、生涯忘れることが出来ません。

 

あの日、ファンタジストが旅立った京都競馬場の夕焼けは、今までに見たことがないくらい美しかった。

 

 

当たり前だけど、生きているものはいつか死ぬんですよね。

 

言葉が喋れないお馬さんから学ぶことは、本当にたくさんあります。

 

競馬は一人でこっそり楽しめる趣味なので、仲間の必要性はありません。

 

ぼっちの趣味としても最高です。

 

言わずもがな、競馬仲間とか、一緒に競馬を楽しむ友達は一人もいません(笑)

 

 

というわけで、3つ目の趣味は競馬でした。