My Storage

内観の記録。その他。

「それな。」

9歳の子供が車を運転し、事故を起こしたというニュースを見て、非常に驚いたわけですが。

 

育て方を間違えたことにより、自分の子供が勝手に車の鍵を持ち出して、

 

公道を運転し、追突事故を起こすというのは、一歩間違えば親子共々、人生を詰む可能性もあるわけで。

 

 

そういうリスクすらも孕んだ子育てというのは、人生において極めて難しい問題であり、

 

そこに果敢にチャレンジしている世の中の親御さんたちは、やはり凄いなぁと思うのです。

 

 

私の母は、自分の理想の教育像を徹底的に貫いた結果、


「何でこんな子になっちゃったのかしらねぇ。孫の顔も見れないなんて。」とガッカリする老後を送る事になったし、


子供側である私も「それな。」としか言いようがなく、もうこれって笑うしかないわけです。

 

 


今更ながら思うけれど、反抗期っていうのは本当に大事で、

 

幼少期~思春期までに抑圧した感情を、一旦出しきる貴重なデトックス期間と考えれば、

 

然るべき時期に盛大に暴れるというのは、一回通った方が良かった道かもしれないと思うのです。

 

 

私なんて、反抗期が一切なく、呑気にエンヤとか聴いてたもんなぁ。

 

褒められない、認められない、甘えられない、愛情をわかりやすい形で示してもらえない。

 

わりとキツイ四重苦。


そうして異常なほどに我慢強くなったけど、これは強さじゃなくて、ただの諦め。

 

 

だって、社交性がゼロであることによって、大人になってから行う社会的リハビリ(人に慣れていく)というのは、

 

膨大なエネルギーを要するものであり、

 

親側は、子供が成人してもなお、そんなところで、ひそかに苦しんでいることを全く知らないわけです。

 

 

これを略して「それな。」と言わずに何と言うのかもう・・・(笑)

 

 

そしてここからは、最近気付いたかなりエグい思い込み。


あんたはいらない子供だった
生むつもりじゃなかった
橋の下から拾ってきた

 

これらの事を親から言われた経験があり、


自分は生まれてこない方が良かった

という思い込みがあると、わりと人生が破滅に向かいます。

 

 

私はこの手の思い込みは一切ないけど、他の人の事例で結構持ってる人がいて、

 

「作る予定じゃなかったけど、出来ちゃったのよね~。」って親に言われた経験のある人の多いこと。

 

まじで絶対言ったらアカンで、これ。



言われた側は、自分はいらない子なんだという前提が入り、

自ら自分を消そうとして、難病になったり、事故にあったり、障害を負ったり。

 

まじでシャレにならない人生を生きている人が結構います。

 

 

あえて無謀な挑戦や過酷なチャレンジをしたり、生と死のギリギリのところで生きてみたり。

 

命知らずな面がある。

 

 

本当にシャレにならないので、この手の思い込みを持っている人は、早急に処理することをオススメします。

 

 

あと、私が幼少期に実際にやられた体験として、

 

しつけと称して締め出す

 

これも最悪です。



確かに、悪い事をした事実はありますが、


家の外に出されて玄関の鍵をかけられ、中に入れてもらえない。

このお仕置きを一回でもやられると、強烈なトラウマになります。


昭和時代には、わりとあるあるな定番のお仕置きでしたが、


これをやられると、強烈な「見捨てられ不安」が根付き、生涯苦しむことになります。

 

 

私もこれがあったので、時間を掛けてようやく外しました。

 

夜、外が真っ暗な中で、どれだけ泣いても叫んでも、中に入れてくれなくて、心細くて不安で。

 

 

このまま親から見捨てられて、一生家の中に入れてもらえないんじゃないかと感じた不安は、今でも鮮明に覚えています。

 

一人になった時、やたら不安になるとか、孤独が怖いとか、暗い場所が怖いとか。

 

そういう感情って、案外こういう記憶と繋がってたりします。

 

 

ちなみに後日、親にこの事について話しましたが、

 

「えっ?そんなお仕置きしたっけ?」

 

やった方は全く覚えていません。

 

親なんて所詮そんなもんです。