My Storage

内観の記録。その他。

悲しい力

2005年。
私はある一つのブログに出会った。

遠い昔の思いの影の:アイリッシュセッションブログ



ある一人の男性が、東京からアイルランドへ旅立ち、その時の旅の記録を綴った、ただの旅行記だ。

彼は当時、教員を辞めて職を失っており、アフィリエイトで生計を立てようと試みるも、ことごとくうまくいかず、借金を抱えて生活していた。


精神的に追い込まれ、いよいよ相模湖に身を沈めようかと、限界に来ていた時、

「そうだ。俺、アイルランド行きたかったんだ。」

なぜか彼は、アイルランドに飛んだ。


そして、その旅行記をシェアしてくれた。

私は、このブログを読んだ時、一日中泣いていた。


*****(ブログから一部引用)

自分のままじゃ、愛されないと思っていた。
だから、自分じゃない自分を演じた。

たくさん勉強して、代々木ゼミナールの全国模擬試験で1番になったり、

学年委員になったり、文化祭の監督指揮をしたり、おどけたり、笑わせたり。

必要以上に一生懸命で、必要以上に頑張っていて。

すればするほど、苦しくて、やればやるほど、辛かった。

期待に応えなくちゃ。
すごい人にならなきゃ。

尊敬されなきゃ。
偉くならなきゃ。

頑張った結果、色んな力を手に入れた。


しかし、それは僕が欲しかったものと少し違った。

悲しい力。

それは「悲しい力」だね。


手に入れれば入れるほど、悲しいのだろうね。

小さな声で、空が話し掛けてきた。

悲しかったんだね。
寂しかったんだね。

ずっと、探していたんだね。
自分の居場所を探していたんだね。

居たいところに居ていいよ。
期待に応えなくていいよ。

したいことをしていいよ。

傷つけられたら怒っていいよ。
自分を守っていいよ。
 
心を閉ざしたい時は、閉ざしていいよ。

言いたくないことは、言わなくていいよ。
一人でいたいときは、一人でいていいよ。

いたくないところには、いなくていいよ。
行きたいところにいっていいよ。

自分で選んでいいよ。

必要以上に人に誠実でなくていいよ。
もっと適当でいい加減でもいいかもよ。

無愛想でもいいんだよ。

そうか、僕は演じていたのか。

気にいられるために。
ここにいないでと言われないために。

そこまでして、居場所が欲しかったのか。

ギターが一緒にいてくれた。
今夜はずっとパブで一緒にギターを弾いた。

贈り物のような夜。
ここにいていいんだ。

僕はここにいていい。

生きていい。

*****(引用ここまで)


きっと、私が持っていたのも「悲しい力」だ。

人間は本心を誤魔化して生きていけるほど、強くはない。

 

私も16歳から30歳まで自分を演じて生きていたけれど、その結果、一度この世界から消えた。

 

自分に嘘をついてはいけない。

 

いい加減でだらしなくて、みっともなくて、何にも出来ないダメな自分でいい。