My Storage

内観の記録。その他。

友達語りは自分語り

時々耳にする言葉で、「これ友達の話なんだけど」とか「これ知り合いから聞いた話なんだけど」という前置きをして、話を始める人がいます。

 

しかし、だいたいこの手の前置きがついた時は、実は自分の話であることが多いです。

 

こういう主語のすり替え癖は、認知が歪む原因になるので、早急に直した方がいいです。

 

 

実際、面白おかしいただの体験談で、本当に友人や知り合いの話をシェアする場合もあります。

 

それは全然良いのですが、問題なのは自分のリアルな体験談(主に悩み)を、別の人の話として、すり替えてしまう時。

 

私は人間観察歴40年ですから、この手のすり替え話はもう一瞬で見破ります。

 

 

何で分かるかというと、友人や知り合いの話なのに、あまりにも内容が詳しすぎるからです。

 

え?他人にそこまで詳しく話す!?

 

と思うくらい詳細な内容を語っている時は、だいたいその人自身の話であることが多いです。

 

自分の知り合いにこんな人がいるんだけど、どう思う?

 

・・・ってそれ、あんたの話でしょー!!

 

と思わずツッコミたくなるのですが、私も意味もなく嫌われたくないですから、いちいちツッコミません(笑)

 

別に主語を置き換えて、別の人の話として利用してもいいんですよ。

 

それで自分の頭の中が整理出来て、思考がスッキリするならば。

 

 

でも大抵の場合、そうはなりません。

 

本当の自分がどんどん誤魔化されていくので、さらに認知が歪んでおかしくなります。

 

もっと言うと、本当の自分ともう一人の自分がどんどん乖離していき、いずれ苦しくなります。

 

 

この思考癖は本当に危ないので、持っている方は気を付けてください。

 

あくまでも自分は自分。

他人は他人。

 

自分を他人にすることも、他人を自分にすることも出来ません。