My Storage

内観の記録。その他。

小さな嫉妬心

中学3年生の時、「はばたこう明日へ」を合唱で歌いたかったのに、他のクラスに取られて、

 

うちのクラスは「怪獣のバラード」になったのが悔しくて、しばらく根に持っていたことを急に思い出した(笑)

 

私にも、たまにこういう嫉妬心みたいなものがあるらしい。

 

しかし名曲。

 

www.youtube.com

 

 

内観や思い込みに気付くというのは、必死で自分と向き合って考えている時間もあれば、ふと昔の事をぼんやり思い出している時に、急にこういう自分の思考癖に気付いたりすることもある。

 

だから、生活全てが気付きになる。

 

たかだか歌の比較なのに、この感情の裏には、

 

私はこっちの方が良かった

相手だけいい思いをしてズルい

嫉妬心や羨ましいという気持ち

異常な愛

 

色々なものが含まれている。

 

そして、こういうところから思い込みを一つずつ外していく。

 

 

私は「はばたこう明日へ」が大好きで、絶対にこっちが良かったのに、勝手に「怪獣のバラード」に決められた。

 

これと似たような場面は、過去にもたくさんあり、特に幼少期に選択肢が一切与えられなかった私には、これらの気持ちは母親への強い怒りと密接に結びついている。

 

 

他にも、「お姉ちゃんなんだから」と私だけ我慢させられて、弟だけズルいと思った記憶とか、自分の欲しかったものを自分は手に出来なくて、他の人が手にしてしまった時の悔しかった気持ちとか。

 

色々な感情に気付くことが出来る。

 

 

そうして日々、内観は深まっていくのです。

 

全てが気付き。

 

そう思えれば、生活における自分の言動や思考がすべて答えになります。

 

 

ちなみに、うちのクラスは「怪獣のバラード」だったけど、これも何気にいい曲だったんですよね~。

 

どっちが良いか悪いかを決めているのも自分。

 

そしてその判断基準は、過去のくだらない思い込みから作られているのです。