My Storage

内観の記録。その他。

ぼっちでなくなる日

今まで「ぼっちこそ正義」だと思って長年生きてきたのに、まさか「ぼっち」であることを疑う日が来るなんて、夢にも思わなかった。

 

「ひとり」は本当に幸せなのか?

 

ずっと考えている。

 

少なくとも、人と関わることが全く嫌ではなくなっている。

 

誰かいてもいなくても、特に気にならない。

 

実に不思議な感覚。