My Storage

内観の記録。その他。

外すよ、思い込み。

もう、いつ外したんだかわからない思い込みですが、メモに書き溜めてあったやつをまとめて投稿します。

 

・こんなに頑張ってきたのに誰も私を認めてくれない

・私ほど苦労してきた人間は他にいない

・誰にも自分の苦しみなんてわかるはずがない

 

・絶対に親のようにはなりたくない

(この思いから親を反面教師にした人生を作っている可能性がある)

 

・私は役に立たない

・買いたいものが買えない

・欲しいものが手に入らない

 

・私はいつも一人ぼっち

・誰からも理解されない

・自分の考え、価値観は常に間違っている(直感が信用できない)

 

・人前に出るのが苦手

・正直に思ったことを言うと嫌われる

・思ったことを口に出したら大変なことになる

 

・目立つと批判される

(だから目立たないように大人しくしておこう)

 

・目立ちたくないから出来ないフリをしよう

(わざとテストで低い点を取ったり、スポーツで手抜きしてわざと相手に負けたりする)

 

・もっと愛される人にならなきゃ

・私は人見知りだ

・人前に出ると緊張する

 

・うまく話せない

・誰も話を聞いてくれない

・自分はこんな簡単なことすら出来ない

 

・もっと勉強しなきゃ、賢くならなきゃ

・男に(女に)負けてたまるか!

・男女平等であるべきだ

 

・自分はやりたい事をやってはいけない

・自分は最後でいい(常に自分のことを後回しにする癖)

 

・仕方のないことは諦めなければいけない

・親に逆らってはいけない

・女は弱い、男は強くあらねばならない

 

・私を幸せにしてほしい(自分の幸せが他人任せ)

 

・休みの日にゴロゴロしている旦那(妻)が許せない

(もしくはそういうだらしない自分が嫌い)

 

・家事をしない妻、旦那が許せない

・私は常に完璧でなければいけない

・私は一人じゃ何にも出来ない

 

・〇〇がいないと生きていけない

・自分には魅力がない

・もう何もなす術がない(八方塞がりの感覚)

 

・良かれと思って何かをすると怒られる

・男は(女は)怖い、もしくは異性に対する強い抵抗感

 

・もう生きていても仕方がない(これはやばいから病院行きな^^)

・元を取らなければ損をする

 

・パーソナリティ障害やHSP発達障害や病気などを理由にすれば、自分を守れる。もしくは仕事をさぼれる、社会活動から逃げれる。(疾病利得)

 

・お父さん(お母さん)の言う事が絶対という我が家ルール

・家庭を明るく保つことが私の役目

・私はやりたい事が出来ない

 

・やりたい事、好きな事が見つからない

(本当はそれを見つけたくないというブロック)

 

・親の言う事は聞かなければいけない

・自分の意見や価値観を持ち出すと嫌な顔をされる

・親を嫌ってはいけない(親は大切にしなければいけない)

 

・どうせ自分は何をやってもうまくいかない

・自分は臆病者だ

・本当の自分を見せたら人は離れていく

 

 

とりあえず今日はここまで。

 

ちなみに、これらの思い込みは私が持っていたものと、色々な人の事例から学んでメモしていたものも入っています。

 

こうやって並べてみると、もはや何だかわからない感じになりますが(笑)、人生がうまくいっていない人の脳内には、このようなゴミがたくさん詰まっています。

 

うんざりすると思いますが、こういったゴミを一つずつ掃除しない限り、心は回復しません。

 

 

また一つ一つの思い込みには、抑圧された感情が出口を失って封じ込められています。

 

思い込みを外す際に、抑圧された感情も全て解放して、そこで初めて認知の歪みが取れます。

 

また、その思い込みを手放さずに、わざわざ持ち続けている理由もあります。

 

そこを見つけて、思考そのものを根本から変えること。

 

 

例えば、

・やりたい事、好きな事が見つからない

 

という思い込みを持っている人は、やりたい事、好きな事が見つかっては困るという心理がその裏にあります。

 

なぜ、好きな事が見つかっては困るのか。

 

 

好きな事が見つかって、本当にやりたい事が出来るようになってしまったら、幸せになってしまうからです。

 

実はこの思い込みの裏にはもう一つ「自分は幸せになってはいけない」という強いメンタルブロックがかかっています。

 

 

思い込みというのは、二重三重に複雑化して自分を保護していますので、とにかくひたすら自分と向き合って、掘り下げていく必要があります。

 

真剣に自分と向き合う覚悟のある人だけ、参考にしてください。