My Storage

内観の記録。その他。

2つの魔法の言葉

スキゾイドアダルトチルドレンを克服するにあたり、極めて重要となった言葉があるので、記録として残しておきます。

 

「私は幸せになってもいい」

「私は楽しんでいい」

 

この2つの言葉を事あるごとに呟きます。

 

それこそ、何か行動する度にです。

 

 

スキゾイドアダルトチルドレンの多くは、

 

・私は幸せになってはいけない

・私は楽しんではいけない

 

という思い込みを持っている人が多いです。

 

 

この2つの思い込みを外さない限り、永遠に自分を苦しい場所に置き続けます。

 

この言葉を呟いたところで、思い込みが外れるわけではありません。

 

 

しかし、頑なに閉ざしている幸せへの扉が、少しずつ開き始めます。

 

抑圧している心の入り口が、ちょっとずつ緩んでくるのです。

 

 

結果、心の問題に取り組みやすくなります。

 

心の傷を取り除くのに、簡単でラクで即効性のある方法はありません。

 

背負ってしまった傷と同じ量だけ、回復の期間が必要です。

 

 

「私は幸せになってもいい」

「私は楽しんでいい」

 

この2つの言葉が言えない、または口に出した時に大きな抵抗を感じる人は、特に熱心にやってください。

 

もし、どうしても言えないなら、なぜ言えないのかを真剣に考えてください。

 

 

そこに、自分をスキゾイドまたはアダルトチルドレンにさせている非常に重要な答えが隠れています。

 

これを3ヶ月も続ければ、現状が少しずつ変わり始めます。

 

 

やりたい人だけやってください。

 

そもそも、この2つの思い込みがない人は、やらなくて結構です。

(言うまでもありませんね。笑)