My Storage

内観の記録。その他。

さすがにヤバいなと思いました

ブログを始めて一年以上経過しました。

 

その間、私はただひたすら自分の記録を書くことだけに集中していました。

 

元々、他の方とのコミュニケーションが好きではありませんし、他人に一切興味がありませんから、自分以外のスキゾイドちゃんが、どんな事を考えているかも、全く興味がありませんでした。

 

 

とにかく、自分以外は全てどうでも良かったのです。

 

でも、この数ヶ月で私の気持ちは大きく変わりました。

 

スキゾイドちゃん、ヤバくない?」

 

この気持ちが日に日に大きくなっていったのです。

 

 

きっかけは、ブログに頂く個別メッセージでした。

 

このはてなブログでは、コメントや問い合わせなどは一切受け付けていませんが、以前運営していたアメブロでは、よくメッセージを頂いていました。

 

アメブロには標準機能でメッセージのやり取りが出来る機能がついていまして、それを使ってブログの運営者とメッセージの交換が出来るのです。

 

 

そこから、何人ものスキゾイドちゃんからメッセージを頂きました。

 

ビックリしました。

 

スキゾイドちゃんって、SNSも利用しない、ネットもあまり見ない、ましてや他人のブログなんて興味すらない、そういう特徴があるからです。

 

 

何でわざわざ私のブログを見つけて、メッセージまで・・・。

そう思いました。

 

アメブロで運営者にメッセージを送るためには、アメーバのアカウントが必須で、新規でアメーバのアカウントを作らなければメッセージが送れないわけです。

 

 

ということは、わざわざアカウントを作ってまで、私にメッセージをして下さっている。

 

これが衝撃でした。

 

一人が大好きなスキゾイドちゃんなら、わざわざそんな事をするはずがないからです。

 

 

しかし、メッセージの内容を見て、すぐにその理由がわかりました。

 

私にメッセージを頂いた方はほぼ全員、病院に行ったら間違いなく、スキゾイドパーソナリティ障害(または他の精神疾患)と診断されるだろうなというレベルの人ばかりでした。

 

つまり緊急性が高かったのです。

 

 

軽い相談など一件もなく、そこにはスキゾイドちゃんの本音、心の叫びが記されていました。

 

中には、自分が育った家庭環境や親への恨みを、1万文字を超える長文で送ってくれた人もいます。

 

 

とにかく苦しい。

助けて欲しい。

 

もうどうしていいかわからない。

 

明らかに心身に異常が出ていて、ほぼ引きこもりの状態になっており、なおかつ社会との接点がほとんど切れてしまっている。

 

 

そんな方ばかりでした。

 

しかも、スキゾイド患者はだいたい全体の4%くらいと言われていますが、その4%しかいない希少な人たちが、こんな私のような弱小ブログに集まってくること自体が衝撃でした。

 

 

スキゾイドの情報が欲しいだけなら、もっとちゃんとしたブログやサイトは他にあります。

 

しかし、彼らが欲していたのは、当事者のリアルな声だったのだと思います。

 

そして私が本音で書いているブログを見て、何かを感じてもらったのだと思います。

 

 

スキゾイドには、パーソナリティ障害まではいっていないけど、スキゾイド気質で生きづらさを感じている人も一定数います。

 

症状の軽い、重いが人によってバラつきがあります。

 

 

ただ、私のところに集まってきた方々は、本当に今すぐ治療が必要であり、このままだと死んでしまうのではないかという危機感すらありました。

 

実際、文章の中に死にたいという言葉が書かれていたり、今すぐ世界が終わればいいなんて、発言をする人もいました。

 

もちろん、今すぐに病院に行くことを伝えましたが、本気でやばいなと思ったのが本音なのです。

 

 

 

社会との接点を断ち、超俗的な生き方をして、一人でいることを自ら好んでいるように見えるけれど、実際にはそうせざるを得ない理由があるからそうしているだけで、実は本人はとても苦しんでいるのです。

 

ただ、病院に行ったところで、医者ともまともにコミュニケーションがとれない、カウンセリングも難しい、認知行動療法も感情が出せない患者には難しい。

 

 

もう、問題だらけなのです。

 

私は正直、他人に興味がありませんから、例え同じスキゾイドちゃんであっても、気持ちは分かるけれど、寄りかかってくるのは鬱陶しいから、自分の問題は自分でなんとかしてくれ、というスタンスでずっといました。

 

(そういう理由から、今は個別メッセージのやり取りはもうしていません。)

 

 

他人の悩みや人生を背負う、または共有することは、スキゾイドちゃんにとって、最も苦痛で避けたいことだからです。

 

ましてや当事者研究会なんて出来るはずがありません。

 

たとえ同じスキゾイドちゃんであっても、私に関わってくれるな!が本音ですから、スキゾイドが持つ他人を拒否する態度というのは、それはもう本当に頑ななのです。

 

 

でも、そんな事は言ってられないのではないか。

今はそう思い始めています。

 

(それは私自身がだいぶ回復しているからというのも大きいと思います)

 

私は医者ではないので、医療的な話をすることは出来ません。(というかわかりません)

 

でも当事者として、情報を提供することや自分がやってきた事をシェアすることは出来る。

 

今はそう思っています。

 

 

一番の問題は、スキゾイドちゃんに関する情報が少なすぎる。

 

これに尽きます。

 

これがとにかく問題であると思ったのです。

 

 

実際、私のアメブロは医療従事者やカウンセラー、臨床心理士さんなどから、多くフォローされていました。

 

たぶん、事例が欲しかったのでしょう。

 

スキゾイドが実際に何を考えてるのか知りたいということなのだと思います。

 

 

そもそも私がブログを始めたきっかけは全く別の理由で、元々はスキゾイドとは全く違う情報発信をするつもりでした。

 

でもいつの間にか、スキゾイド関連の記事を書くことが多くなり、「スキゾイド」のハッシュタグで人が集まることが増えました。

 

こういう状況を冷静に考えた時に、自分が出来ること(役割)とは何なのか。

 

 

それはもう、当事者として情報を提供することと自分がやってきた事をシェアすることに尽きるのではないかと思いました。

 

 

正直今までは、表向きの自分で文章を書いていました。

 

誰が見てるかわからないから、自分が変な人だと思われないように、調整していた部分が多くあります。

 

しかし今後は、心の奥のドロドロした本音も全部書いていこうと思っています。

 

死ねとか消えろとか書くかもしれません。

 

 

スキゾイドちゃんには、統合失調症的な結構やばい精神状態があります。(幻覚や幻聴はありません)

 

例えば私は、3.11の東日本大震災の時、この震災が自分の街で起きれば良かった、さっさとこの震災で死にたかった、何なら日本丸ごと全部津波に飲まれて列島ごと消えれば良かったと思っていました。

 

被災した人をかわいそうだと思ったことはありません。

 

家族が津波で死んだ、家が流された、ずっと避難所生活で辛い。

 

ああ、そう。

別にどうでもいいわ。

 

知らんわ。

という感じです。

 

そこに何の感情もありません。

 

サイコパスと違うのは、スキゾイドの場合は感情を感じるのがしんどいから、抑圧して抑えているだけです。実際に感情はあります。意図的に感じないようにしているというのが正しいです。)

 

 

正直コロナの時には、ついに天国が来た。

 

ソーシャルディスタンス最高、このままずっと隔離されて、緊急事態宣言が続いて、国が閉鎖されて、みんなが関わらない社会になればいいなと思っていました。

 

ついにスキゾイドの時代が来たぞ!くらいに思っていました。

 

 

こんなふうに、スキゾイドちゃんは結構、残酷な一面も持っています。

(正確には一部、分離または乖離していて二面性があります。)

 

考えているのは常に自分の快適性だけです。

 

自分を守るためなら、残酷であろうが手段は選びません。

 

 

そして、そうした自分の苦しい人生のゲームは、一刻も早く終わりにしたいと思っています。

 

なぜなら、常に嫌なことから逃げ、一人でじっと耐えるだけの人生だからです。

 

そしてこの苦痛さえも、他人にわかってたまるか!と思っています。

 

 

こんなリアルな当事者の声が聞けるブログは他にないと思います。

 

唯一、Youtubeで顔出しで動画を出してくれている方がいましたが、その方も近々活動をやめてしまうそうです。

 

 

なぜなら叩かれるからだそうです。

 

基本的に心の問題について情報発信をしていたら、他者から叩かれることは避けられません。

 

私も嫌がらせのメッセージは何度も、もらっています。

 

 

とにかく長くなりましたが、今回言いたかったことは、これからもっと今まで以上に本音で記事を書くということを決めたということです。

 

身も蓋もないことを平気で書きますので、流れ弾に当たりたくない人は、読まないようにしてください。

 

 

そしてその先にもし、今苦しんでいるスキゾイドちゃんが、病院に行くきっかけ、家族に心を開くきっかけ、自分で自分を立て直すきっかけを掴んでくれたら、それはそれで良いことだなと思います。

 

このブログは、スキゾイドについて知るブログではなく、スキゾイドを克服しようとしている人のブログですから、スキゾイドをどうにか治したい人にとっては、何か一つくらいは得るものがあるかもしれません。

 

 

ということで、非常に長くなりましたが、この辺で終わりたいと思います。

 

 

【追記】

 

自分の言いたいことをこんなに長々と書かないと伝えられない。

 

完結にまとめることが出来ない。

これもスキゾイドちゃんの特徴だと思ってください。

 

それくらい、自己開示に強い恐怖心があります。

 

 

スキゾイドちゃんは、自己開示がとても苦手で、自分のことを話すのに慣れていないので、文章を完結にまとめることが出来ません。(話す時も同じ状態になります)

 

それは今まで、自分のことを他者に一切話してこなかったからです。

 

 

それはブログであっても同じで、今私は人生で初めて「自分のことを書く」ということにチャレンジしています。

 

そのため、まとまりがなく無駄に話が長いのはご容赦ください。

 

 

また、以前アメブロで書いていた記事はすべて、はてなブログに移行予定です。

 

徐々に移していきますので、気長にお待ち下さい。