My Storage

内観の記録。その他。

スティーブ・ジョブズの「最後の言葉」

私が最近好きで、定期的に読み返している言葉があります。

 

それが、スティーブ・ジョブズの「最後の言葉」です。

 

以下、全文紹介します。

 

 

「最後の言葉」

 

私はビジネスの世界で、成功の頂点に君臨した。
   
他の人の目には、私の人生は成功の典型的な縮図に見えるだろう。
    
しかし仕事を除くと、喜びが少ない人生だった。


人生の終わりには富など、私が積み上げてきた人生の単なる事実でしかない。
   

病気でベッドに寝ていると、人生が走馬灯のように思い出される。
  
私がずっとプライドを持っていたこと、認められることや富は、迫る死を目の前にして色褪せていき、何も意味をなさなくなっている。

  
この暗闇の中で、生命維持装置のグリーンのライトが点滅するのを見つめ、機械的な音が耳に聞こえてくる。
   
神の息を感じる。

死がだんだんと近づいている。
   
   
今やっと理解したことがある。
   
人生において十分にやっていけるだけの富を積み上げた後は、富とは関係のない他のことを追い求めた方が良い。
   
もっと大切な何か他のこと。
    
 
それは人間関係や芸術や、または若い頃からの夢かもしれない。
   
終わりを知らない富の追求は、人を歪ませてしまう。

私のようにね。
  
   
神は誰もの心の中に、富みによってもたらされた幻想ではなく、愛を感じさせるための感覚というものを与えてくださった。
  
私が勝ち得た富は、私が死ぬ時に一緒に持っていけるものではない。
   

私が持っていける物は、愛情にあふれた思い出だけだ。

これこそが本当の豊かさであり、あなたとずっと一緒にいてくれるもの、あなたに力を与えてくれるものあなたの道を照らしてくれるものだ。
    


愛とは、何千マイルも超えて旅をする。


人生には限界はない。
  
行きたいところに行きなさい。   
望むところまで高峰を登りなさい。
  
全てはあなたの心の中にある、全てはあなたの手の中にあるのだから。
   
    
世の中で、一番犠牲を払うことになるベッドは、何か知っているかい? 

 

病床だよ。
    
あなたのために、ドライバーを誰か雇うことも出来る。


お金を作ってもらうことも出来る。


だけど、あなたの代わりに病気になってくれる人は見つけることは出来ない。
  
   
物質的な物はなくなっても、また見つけられる。
   
しかし一つだけ、なくなってしまっては、再度見つけられない物がある。
   
人生だよ。命だよ。
  
  
手術室に入る時、その病人は、まだ読み終えてない本が1冊あったことに気付くんだ。
   
「健康な生活を送る本」
  
あなたの人生がどのようなステージにあったとしても、誰もがいつか、人生の幕を閉じる日がやってくる。
   

あなたの家族のために愛情を大切にしてください。


あなたのパートナーのために、あなたの友人のために。
  
  
そして自分を丁寧に扱ってあげてください。


他の人を大切にしてください。
   


【追伸】

 

ティムクックに送った言葉が、「スティーブならどうするだろう?」と考えるな!!

 

 

※これ、心の底から響きませんか。

 

私はこの言葉を読む時、「成功」や「富」の部分を「孤独」や「諦め」など、自分に関連する言葉に置き換えて読んでいます。

 

君は幸せになるために生まれてきたんだから、親に人格壊されたくらいで人生諦めるな!と言われているような気がするのです。

 

 

そして最後の追伸のティムクックに送った言葉。

 

これがまさに自己決定感ですよね。

 

自分の人生は自分で決めろ。

自分の人生の責任は自分で取れ。

 

もうこれに尽きます。

 

 

思い出だけは、死ぬ直前に即席で作ることが出来ない。

 

長い人生をかけて、色々な人と関わり合いながら、作っていくものです。

 

 

全てを諦めて暮らしていて、死ぬ直前に気付いたらもう遅い。

 

死んだら無だよ。

ただ灰になるだけだよ。

 

別にどうでもいいよ。

 

 

昔の私なら、そう思っていたかもしれません。

 

でも今は、そんな人生は絶対に嫌だ。

 

私はスキゾイドを乗り越える。

 

親に人生詰まれたまま、死ぬわけにはいかない。

 

 

最後に。

 

人が死ぬ時に最後、何を思うのかを調査したデータがあります。

 

その中で死に向かっている人が、最も多く答えた回答が以下の4つです。

 

・痛みも苦しみもなく安らかに死んでいきたい

・今まで自分がしてきた悪事をすべて償いたい

・最後は誰かに傍にいて欲しい

・自分の話(人生の思い出)を誰かに聞いて欲しい

 

さすがにこの4つは、今の私にはまだハードルが高く、とても出来そうにありません。

 

別に死ぬ時に痛みがあってもいいし、そもそも人とあんまり関わってないから、悪い事もしてないし、誰かに傍にいて欲しいなんて思ったこともないし、話を聞いて欲しいなんて思ったこともない。

 

むしろ死ぬ時は、誰にも見られずに一人で孤独死したいという願望はあります。(野良猫みたいに。笑)

 

 

42年間も大切に持ち続けたスキゾイドが、たった1年で手放せるとは思わないので、これからも気長にコツコツやります。

 

最後に絶対に後悔しないように。