My Storage

内観の記録。その他。

イケメン恐怖症

最近、LINEで懐かしい友人と再会したこともあり、毎日のように昔話で盛り上がっているのだけど、そこで衝撃的な一言を耳にした。

 

「ちょこって、イケメン好きだったよね。少年隊なら迷わずヒガシを選ぶよね!」

 

え?ちょっと待って。

私の記憶にある限り、私が面食いだった時代は一度もない。

 

それどころか、他人に一切興味がなく、もはや外見で人を判断したことはない。

 

なぜなら、そもそも興味がないからだ。

 

なのになぜか、友人の間では私がイケメン好きということになっていた。

 

人のイメージって怖い。

勝手に作り上げられるんだ。

 

そして、なぜいつどこでそのイメージがついたのか探っていた時に、ふと気付いた。

 

私はむしろイケメン恐怖症だと。

 

イケメンに限らず美女も同じで、整った顔の人に強い恐怖心を感じる。

 

特にミスコンなどは、まともに見ることも出来ず、なんとも言えない威圧感を感じる。

 

なんだこれ??

 

この感覚がいつからあるのかわからないけれど、試しに「イケメン恐怖症」で検索してみると、私と同じ感覚を持っている人は、どうやら他にもいるらしい。

 

怖いということは当然そこに何かある。

 

そして、こういうくだらないことを探っている時に、意外と自分の中の重要な思い込みに気付いたりする。

 

ということで、今日の問いかけは「なぜイケメンが怖いのか」。

 

ちなみに私が過去にお付き合いをした方は、期せずして全員イケメンでしたが、私が選んだわけではなく、全て紹介で知り合っているので、決して私の好みではありません。

 

恋愛は人生のカテゴリーの中でも最も苦手ですから、これから先も自分で好きな人を選んで、ちゃんと付き合えるのか今のところ全くわかりません。